マンションを貸す

マンションを売るということではなくて、一時的に貸したいという時もあります。転勤者が留守宅を賃貸するという「リロケーション族」が増えています。一般の賃貸住宅とはどのような点が違っているのでしょうか。

リロケーションとは、移転や引っ越しのことであり、再配置のことを言います。そして転勤によって生じた留守宅を管理したり、短期の賃貸を斡旋したりするサービスのことを言います。しかし、賃貸の方がスムーズというイメージもここにない訳ではありません。新しいものの体験にこそ、メリットデメリットを調査する必要はありそうです。

空き家のままで維持管理することに対してもリロケーションとはいう言葉を使うこともありますが大抵は、第三者に対して賃貸を目的としています。欧米では転勤者に対する幅広いサポートをすることに対して、リロケーションという言葉を多く使用するようです。日本の場合はそれともちょっと違い、留守宅の管理業務に特化しているというイメージがあります。

しかし、以前、このリロケーションという考えは、いろいろ面倒くさい手続きもあり、なかなかすんなり受け止められることもありませんでした。しかし、平成12年の借地借家法改正によって、 自宅をいったん貸すと契約更新を拒絶することが困難だという問題をクリアすることができるようになったのです。

「定期借家権」が創設されることによって、 契約期間が終了すれば、明け渡しをしなければならないという貸し主に都合の良い条件がここに整ったことになります。