定期借家契約

私達はリロケーションと言ったとき、何か新しいことをしている感じで、積極的にリロケーション物件を借りよう、貸そうというモチベーションも自ずと作られるのかもしれません。しかし、リロケーション物件を借りるとき、普通の賃貸以上に何かしら用心しなければならないことがあるのでしょうか。

普通の賃貸の場合、借りた人たちの立場はかなり強く、家賃さえしっかり支払い続けていることで、更新時期が来ても、その場所に契約更新をして住み続けることが出来ます。一応、二年と言った契約のシバリというものは存在しているものの住んでいる人たちが引越しする気持ちがないのなら、そのまま契約更新さえすれば住み続けることが出来てしまうのです。

それは、貸す人間の立場が強いため、借りている弱い人たちの立場を守ってくれる法律です。しかし、リロケーション物件の場合、そのままそのような条件があてはまるということではありませんので、注意が必要です。

あなたが二年以上そこに住みたいと思っても、契約だからと言われて、バッサリと二年きっかりで追い出されてしまうことも当たり前に起きます。そのとき、貸した人を恨んでも契約なので仕方がないのです。定期借家契約の意味をまずしっかり理解しましょう。