リロケーション

リロケーション物件を借りる人たちには一体どのようなメリットが存在しているというのでしょうか。リロケーション物件は、賃貸よりもグレードのちょっと高めのマンションに住むことが出来る可能性があるからです。リロケーション物件、それは、転勤者の留守宅であり、分譲マンションや注文住宅・分譲住宅であったりして、賃貸物件して作られたものとは違うものです。構造面や設備面で優れているので、リロケーション物件支持者の人たちは、意外と多いようです。

そして、リロケーション物件の方が、 近隣賃料相場よりも安く住めるというメリットがあります。それは、期間の定めのない普通賃貸借契約の物件とは違い、あらかじめ期限を設定しているためです。

ある意味それは、借りる側には融通の利かない物件として理解されることもあります。ただし、「再契約前提型定期借家」の場合には、家賃相場が変わらないというケースもあります。契約期間中に更新料がないというのも大きなメリットではないでしょうか。定期借家契約の場合は更新という概念がないためです。契約更新料にいつも頭を痛めているという人たちも、リロケーション物件は選択の一つではないでしょうか。