Category: 未分類

リロケーション

リロケーション物件を借りる人たちには一体どのようなメリットが存在しているというのでしょうか。リロケーション物件は、賃貸よりもグレードのちょっと高めのマンションに住むことが出来る可能性があるからです。リロケーション物件、それは、転勤者の留守宅であり、分譲マンションや注文住宅・分譲住宅であったりして、賃貸物件して作られたものとは違うものです。構造面や設備面で優れているので、リロケーション物件支持者の人たちは、意外と多いようです。

そして、リロケーション物件の方が、 近隣賃料相場よりも安く住めるというメリットがあります。それは、期間の定めのない普通賃貸借契約の物件とは違い、あらかじめ期限を設定しているためです。

ある意味それは、借りる側には融通の利かない物件として理解されることもあります。ただし、「再契約前提型定期借家」の場合には、家賃相場が変わらないというケースもあります。契約期間中に更新料がないというのも大きなメリットではないでしょうか。定期借家契約の場合は更新という概念がないためです。契約更新料にいつも頭を痛めているという人たちも、リロケーション物件は選択の一つではないでしょうか。


リロケーションの注意点

しかし、貸す方も注意をしなければならないことがあります。それはもちろんなんとなく貸し出しをしている訳でもなく、契約によって貸し出しをしている訳ですから、契約のルールにしっかり従う必要があります。2年間の賃貸借契約をした後に1年で急に戻ることがひょっとしたらあるかもしれません。その際、すんなり貸した人に明け渡してもらうことが出来るかと言えば、やっぱり大きな間違いです。

更に、期間限定の定期借家契約ということで、リロケーションは、周辺相場よりも安くなることも考えることが出来ます。貸し出しをして、家賃が滞納するという場合もある程度想定しなければなりません。貸すということは何かしらのリスクを背負うことになります。

そのとき、リロケーションを担当する不動産会社が借り上げたうえで転貸する形式が安心できるものの、 それだけ手取り収入が減ってしまうことになります。不動産会社による管理業務がどのようなものであるかということもしっかりまずは調査をする必要があります。数ある不動産会社の中から、優良で信用ができる会社を探せる比較サイトなどもありますので、活用してみると良いかもしれません。

更に、自分が住まなくなることで、住宅ローン控除などの税制上の優遇が受けられなくなったり、 住宅ローンの適用金利が引き上げられてしまうケースが起こるかもしれませんので、充分に確認しておきましょう。


定期借家契約

私達はリロケーションと言ったとき、何か新しいことをしている感じで、積極的にリロケーション物件を借りよう、貸そうというモチベーションも自ずと作られるのかもしれません。しかし、リロケーション物件を借りるとき、普通の賃貸以上に何かしら用心しなければならないことがあるのでしょうか。

普通の賃貸の場合、借りた人たちの立場はかなり強く、家賃さえしっかり支払い続けていることで、更新時期が来ても、その場所に契約更新をして住み続けることが出来ます。一応、二年と言った契約のシバリというものは存在しているものの住んでいる人たちが引越しする気持ちがないのなら、そのまま契約更新さえすれば住み続けることが出来てしまうのです。

それは、貸す人間の立場が強いため、借りている弱い人たちの立場を守ってくれる法律です。しかし、リロケーション物件の場合、そのままそのような条件があてはまるということではありませんので、注意が必要です。

あなたが二年以上そこに住みたいと思っても、契約だからと言われて、バッサリと二年きっかりで追い出されてしまうことも当たり前に起きます。そのとき、貸した人を恨んでも契約なので仕方がないのです。定期借家契約の意味をまずしっかり理解しましょう。


マンションを貸す

マンションを売るということではなくて、一時的に貸したいという時もあります。転勤者が留守宅を賃貸するという「リロケーション族」が増えています。一般の賃貸住宅とはどのような点が違っているのでしょうか。

リロケーションとは、移転や引っ越しのことであり、再配置のことを言います。そして転勤によって生じた留守宅を管理したり、短期の賃貸を斡旋したりするサービスのことを言います。しかし、賃貸の方がスムーズというイメージもここにない訳ではありません。新しいものの体験にこそ、メリットデメリットを調査する必要はありそうです。

空き家のままで維持管理することに対してもリロケーションとはいう言葉を使うこともありますが大抵は、第三者に対して賃貸を目的としています。欧米では転勤者に対する幅広いサポートをすることに対して、リロケーションという言葉を多く使用するようです。日本の場合はそれともちょっと違い、留守宅の管理業務に特化しているというイメージがあります。

しかし、以前、このリロケーションという考えは、いろいろ面倒くさい手続きもあり、なかなかすんなり受け止められることもありませんでした。しかし、平成12年の借地借家法改正によって、 自宅をいったん貸すと契約更新を拒絶することが困難だという問題をクリアすることができるようになったのです。

「定期借家権」が創設されることによって、 契約期間が終了すれば、明け渡しをしなければならないという貸し主に都合の良い条件がここに整ったことになります。